AFMプローブ » CP-PNP-Au

 ご注文
 見積もりを請求(RFQ)
注文コード / 見積もり依頼を見る*
数量
CP-PNPL-Au-A-5 5 AFM プローブボックス
96,200 円
スフィア直径 1.5 - 3 µm; 長針
CP-PNPL-Au-B-5 5 AFM プローブボックス
96,200 円
スフィア直径 3 - 5.5 µm; 長針
CP-PNPL-Au-C-5 5 AFM プローブボックス
96,200 円
スフィア直径 5.5 - 9 µm; 長針
CP-PNPS-Au-A-5 5 AFM プローブボックス
96,200 円
スフィア直径 1.5 - 3 µm; 短針
CP-PNPS-Au-B-5 5 AFM プローブボックス
96,200 円
スフィア直径 3 - 5.5 µm; 短針
CP-PNPS-Au-C-5 5 AFM プローブボックス
96,200 円
スフィア直径 5.5 - 9 µm; 短針
入手可能製品: 受注生産品です
表示価格は税抜き価格です

CP-PNP-Au

コロイドプローブ ボールのような丸いティップを持つAFMカンチレバー

製造メーカー: sQube

コーティング: 反射金コート
AFMティップ形状: 球状
このプローブにはカンチレバーが 複数本あります。
F 17 kHz
C 0.08 N/m
L 200 µm
F 67 kHz
C 0.32 N/m
L 100 µm
*公称値

アプリケーション

sQube® colloidal probeはアプリケーションへの広い対応機能と市販SPMへの柔軟な対応が可能な Pyrex-Nitride シリーズをベースに作られています。鋭いティップの代わりにスフィアを取り付けてあります。正確で、ばらつきの少ない径のスフィアが、再現性の高いデータをもたらします。
Pyrex-Nitride™ プローブは様々なアプリケーションで使用できるコンタクトモード、ダイナミックモード用カンチレバーです。
AFMカンチレバーにコロイドを取り付け、フォース測定を行う方法は”コロイドプローブ テクニック”と呼ばれています。この手法は、様々な表面相互間力の基礎的な計測の新しい方法です。例えば、凝着現象や、粒子ー表面相互間力、機械的特性、分散、流体力学、界面ずり現象など、アプリケーションは増え続けています。

Pyrex-Nitride™ プローブは低ばね定数の窒化シリコンカンチレバーを持ち、サポートチップはPyrexで作られています。カンチレバーは膜応力の影響を抑え65nmクロム/金コートをされており、良好なレーザー反射強度を保つことができます。

 

プローブのユニークな特長:

        - スフィア材質:  金
        - スフィア直径 A =
1.5 µm - 3 µm, B = 3 µm - 5.5 µm, C = 5.5 µm - 9 µm
          (スフィアの質量によって共振周波数が変わります)
           ご注文時にA,B,Cから一つご選択ください!
         スフィアを取り付けるカンチレバーは一本です。長いカンチレバーもしくは短いカンチレバーのいずれかを選択してください。

PNPカンチレバーをベースにしたコロイドプローブは液中測定に適していません。液中測定にはQP-CONT もしくは QP-SCONT カンチレバーをベースにしたコロイドプローブをお勧めします。

 



製膜プロセスはストレスを抑えており、強いレーザー反射のため65nm厚のクロム/金コーティングを行っています。

AFM ティップ:


  • :

  • トライアングル
  • 0.08 N/m
  • 17 kHz
  • 200 µm
  • 28 µm
  • 600 nm
  • トライアングル
  • 0.32 N/m
  • 67 kHz
  • 100 µm
  • 13.5 µm
  • 600 nm
  • Loading
    \
    nanosensors-logo nanoworld-logo budgetsensors-logo mikromasch-logo opus-logo nanotools-logo