AFMプローブ » PPP-FMAu

 ご注文
 見積もりを請求(RFQ)
注文コード / 見積もり依頼を見る*
数量
PPP-FMAu-10 10 AFM プローブボックス
60,000 円
入手可能製品: 一部在庫あり 工場取り寄せの場合は通常10営業日でのお届け
表示価格は税抜き価格です

PPP-FMAu

金コートフォースモジュレーションモードAFMプローブ

製造メーカー: NANOSENSORS

コーティング: 両面金コート
AFMティップ形状: 標準
AFMカンチレバー:
F 75 kHz
C 2.8 N/m
L 225 µm
*公称値

アプリケーション

PointProbe® Plus (PPP)は、PointProbe® シリーズで実績のある、用途の多様さや、市販SPMで広く使用できる機能を維持したまま、ティップ曲率をさらに鋭くし、ばらつきを改善しました。
鋭いティップ半径と、ばらつきの少ないティップ形状により、さらに再現性のよい、高解像度のイメージを提供します。

NANOSENSORS™ PPP-FMAu はフォースモジュレーション測定のために設計されました。 このプローブのばね定数はコンタクトモードとノンコンタクトモードの間に設定されており主にフォースモジュレーションモードに使用されます。 操作安定性が損なわれる場合がありますが、FMプローブでノンコンタクトモード・タッピングモードを行うこともできます。

プローブのユニークな特長:

  • ティップに金属膜をコート
  • 全面金コート
  • 化学的に不活性

 

ご注意:コンタクトモード、フリクションモード、フォースモジュレーションモードで使用するとティップが摩耗する場合があります。

  • 高精度測定を可能にする高いメカニカルQ値
  • アライメントチップを使用することで、カンチレバー位置を正確に決めることができます ( +/- 2 µm以内)
  • PointProbe® Plus XY-Alignment シリーズと併せてお使いいたけます

 

 

この製品にはホルダーチップの背面にアライメント溝があります

金属膜(金)がカンチレバー両面にコートしてあり、このコーティングにより、ティップの導電性を向上させ、電気的コンタクトをとることができます。典型的なティップ曲率半径は50nm以下です。ィテクタ側のコーティングにより、レーザー反射率を2.5倍に高め、かつカンチレバーにおける光学干渉を抑える効果があります。 製膜工程はす取れるを抑えるように最適化されており、 製膜ストレスによるカンチレバーの変形は、カンチレバー全長の3.5%以下です。

AFM ティップ:


  • AFM カンチレバー:

  • ビーム
  • 2.8 N/m (0.5 - 9.5 N/m)*
  • 75 kHz (45 - 115 kHz)*
  • 225 µm (215 - 235 µm)*
  • 28 µm (20 - 35 µm)*
  • 3 µm ( 2 - 4 µm)*
  • * 典型レンジ
    Loading
    \
    nanosensors-logo nanoworld-logo budgetsensors-logo mikromasch-logo opus-logo nanotools-logo