AFMプローブ » CDT-NCLR

 ご注文
 見積もりを請求(RFQ)
注文コード / 見積もり依頼を見る*
数量
CDT-NCLR-10 10 AFM プローブボックス
224,300 円
CDT-NCLR-50 50 AFM プローブボックス
877,800 円
ボリュームディスカウントは243,700 円 または 21.7%
入手可能製品: 一部在庫あり 工場取り寄せの場合は通常10営業日でのお届け
表示価格は税抜き価格です

CDT-NCLR

ダイヤモンドコート 導電性タッピングモードAFMプローブ ロングカンチレバー

製造メーカー: NANOSENSORS

コーティング: ダイヤモンド,導電性ダイヤモンド
AFMティップ形状: 標準
AFM カンチレバー
F 210 kHz
C 72 N/m
L 225 µm
*公称値

アプリケーション

NANOSENSORS™ CDT-NCLR はノンコンタクトモード・タッピングモード(もしくはサイクリックモードやダイナミックモードとして知られています)用に設計されました。このプローブタイプは高い測定安定性と優れた感度、高速測定機能を併せ持っています。CDT-NCLRは、125µmを超える長さのカンチレバーが使用できないSPM、もしくはフィードバックループが400kHz以上の速度に対応していないSPMシステムのために設計されました。高周波共振値を持つノンコンタクトモード用のNCHと比べると、最大スキャン速度が下がりますが、高い測定安定性と優れた感度、高速測定機能を併せ持っています。

トンネルAFMや走査キャパシタンス顕微鏡(SCM)など耐摩耗性を必要とする電気測定にお使いいただけます。CDTダイヤモンドコートは高ドープで接触抵抗は、白金表面で < 10 kOhmです。

典型的なティップ先端の曲率半径は100から200 nmです。10 nmレベルのナノラフネスの効果で、フラットなサンプルの測定において分解能を向上させる場合があります。
※類似製品にNanoWorld NW-CDT-NCLRがあります。

ユニークな特長:
  • ダイヤモンドコート 高ドープ
  • 高精度測定を可能にする高いメカニカルQ値
  • アライメントチップを使用することで、カンチレバー位置を正確に決めることができます ( +/- 2 µm以内)
  • PointProbe® Plus XY-Alignment シリーズと併せてお使いいたけます

この製品にはホルダーチップの背面にアライメント溝があります

反射コートは約30 nm厚のアルミニウムで、カンチレバーのディテクタ側に製膜されています。レーザーの反射を約2.5倍高め、カンチレバーにおける光学干渉を防ぎます。 ストレスを抑えたコーティングであるため、製膜による歪みはカンチレバー全長の3.5%以内です。

AFM ティップ:


  • AFM カンチレバー:

  • ビーム
  • 72 N/m (34 - 142 N/m)*
  • 210 kHz (155 - 275 kHz)*
  • 225 µm (215 - 235 µm)*
  • 37.5 µm (30 - 45 µm)*
  • 7 µm ( 6 - 8 µm)*
  • * 典型レンジ
    Loading
    \
    nanosensors-logo nanoworld-logo budgetsensors-logo mikromasch-logo opus-logo nanotools-logo